忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/20 22:26 】 |
辛口は甘口?
スパークリングワインってラベルを見ると
甘口か、辛口がわかるって知ってますか?

しかし、ここでよく失敗する人がいるんです。
辛口のスパークリングワインが飲みたくて
「Dry」の表記を見て購入してしまうんです。

実は「Dry」は少し甘いです。
国によって違いますが
Dry,Seco,Sec,Secco,Trockenなど
全て「辛口」という意味ですが
一般的に「辛口」といわれる分類の中では
一番甘いタイプなのです。

なぜ、こんなことが起きたのか。

その昔は甘口が主流だったのです。
(1Lあたりの糖分が50g以上)

その後、半甘口といわれるものが作られるようになります。
(1Lあたりの糖分が約33~50g)

そして、またその後、辛口といわれるものが作られます。
(1Lあたりの糖分が約17~35g)
これが「dry」です。

しかし、そのまた、その後、もっと辛口のタイプがつくられます。
(1Lあたりの糖分が約12~20g)
これは「extra dry」などと表記されます。

しかし、しかし、その後もっと辛口タイプがつくられます。
(1Lあたりの糖分が約0~15g)
これは「Brut」と呼ばれます。
その他にも「extra Brut」(0~6g/L)や
「Brut Nature」(0~3g/L)
「Ultra Brut」、「Brut Zero」(0g/L)などと続きます。

今では「Brut」とよばれるタイプが主流のため
「Dry」タイプを飲むと甘口に感じるというわけです。
個人的には優しい辛口といわれる「extra Brut」がおすすめです。


でも、この流れって
小学生の言い合いみたいだと思いませんか?

A「俺、サッカーうまいぜ!」
B「俺のほうがサッカースーパーうまいぜ!」
A「俺のほうがウルトラスーパーうまいぜ!」
B「俺のほうが超ウルトラスーパーうまいぜ!」
A「俺のほうがミラクル超ウルトラスーパーうまいぜ!」

みたいな感じです。

いつの時代も「程度」を表す言葉は
どんどん進化(より過激に)するようです。

「あなたはドライな性格ですね」なんて言われているのが
「あなたはブリュットな性格ですね」なんて言葉がそのうち流行るかも。


ホームページはこちらhttp://ilfelice.shichihuku.com





















 
 
PR
【2016/11/12 17:09 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 意外と知らないこと>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>