忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/11 12:58 】 |
読めない・・・。


昨日は山形県の楯の川酒造の
「楯野川 純米大吟醸 本流辛口」
を飲みました。

とてもおいしいお酒です。
薄っぺらい辛口ではなく、バランスの良い旨みと
きれいな後味。

熊本から取り寄せた、からし蓮根を合わせてみました。
からしの鼻に抜ける風味とお酒の旨みが絶妙に合いました。

ところで、日本酒の名前って難しくないですか?
「楯野川」はまだ、他に読み方思いつかないのでいいのですが。
私はよく居酒屋で読めない名前の日本酒と出会います。
そういう時、私はどうするかというと、
読めない商品は頼みません。(基本的に小心者なので)

多分私と同じような人、少しはいると思います。
だから、名前は簡単にした方が売り上げあがると思うんですけど。
でも変わった名前で最初は読めない方がインパクト強くて
ずっと覚えてたりするんですかね?

以下は私が初見で読めなかった日本酒。

①上善如水
②村祐
③新政
④悦凱陣
etc





答えは①じょうぜんみずのごとし②むらゆう
③あらまさ④よろこびがいじん

④なんて意味がまったくわからない
私にとっては「HAPPY FOREIGNER」って感じです。

ホームページはこちらhttp://ilfelice.shichihuku.com












PR
【2016/10/13 01:00 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<春夏冬中 | ホーム | いつでもこい!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>