忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/11 12:46 】 |
白ワインのいいところ
赤ワインといえば、ポリフェノールを多く含み、動脈硬化や血栓症を予防することで有名です。しかし、白ワインにはこのポリフェノールがほとんど入っていません。では、白ワインのいいところはなんでしょうか?

実は、白ワインには高い抗菌作用があります。大腸菌やサルモネラ菌に対してとても有効です。有機酸の水素イオン濃度(pH)が低く酸性度が強いため、他のアルコール飲料に比べて抗菌作用が高いのです。アルコール自体にも抗菌作用があるのですが、白ワインの中のリンゴ酸、酒石酸、乳酸などの有機酸を大腸菌、ブドウ球菌、赤痢菌、サルモネラ菌に添加したところ、ph値が低く、酸性度が強いほど、菌類の生存率が低く、殺菌効果がある。白ワインには、昔から魚介料理をよく合わせて食べますが、こういった医学的な面から見ても、魚介類には白ワインが抜群なのです。
また、カルシウムやマグネシウムを多く含んでいる白ワインは、骨粗鬆症に良いという結果がでています。 そしてカリウムは新陳代謝を高め、体内の塩分を消化する役目がありますから、血圧も下がります。

しかし、どんなに体に良いお酒でも飲みすぎが一番体に悪いんですよね・・・。
飲みすぎの体に対する悪い影響は・・・・・省略します。

ホームページはこちら ilfelice.shichihuku.com


PR
【2011/08/24 22:33 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ポルチーニとはなんぞや? | ホーム | トリッパとは>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>